ローディング

Loading0%

KSP総合トップlink
scroll down

News

ニュース

2022.06.02 お知らせ

令和4年度『新入社員フォローアップ研修会』を開催 

 

 

 

 

 

 

 

2022年5月24日(火)EASTでは、さいたま共済会館にて今年度も新入社員(札幌支社を除く16名)を対象とした研修会を、感染防止対策を徹底して開催しました。執行役員空港保安事業部長兼成田支社 松本崇弘支社長の開会宣言で始まり、所属支社長・新入社員による挨拶を経て、柏倉専務取締役が訓示を行いました。専務は、「あなたたちはなぜEASTの社員として働くのですか? この答えは、”企業理念『公なれば明なり』の実践のため”です。そして、そのための基本行動としての『凡事徹底』、すなわち身だしなみ・挨拶・言葉遣い等への配慮を徹底してください。」と述べ、また「新卒社員は、全員幹部候補生とみなします。あなたたちには将来リーダーになって会社を引っ張っていっていただきたい。」と期待感を表しました。続いて、先輩社員の岩竹さん(入社6年目)と出嶋さん(入社4年目)から心のこもった助言が送られ、執行役員施設管理部長兼事業推進部 久保谷和正支社長による閉会宣言で午前の部は終了となりました。昼食を挟んだ後、最初に三菱UFJ銀行の橋本さんからKSPグループの福利厚生の一環としての『企業型確定拠出年金制度』についての案内を受け、その後、各支社長から教示を仰ぎました。最後に、会館向かいの本社を見学し、記念撮影を行って無事散会となりました。

【羽田支社 岩竹さんからの助言】

「今はとにかく沢山の知識を吸収して、土台作りに専念しましょう。たとえ、苦手なことがあっても少しずつ乗り越えることができれば、自分自身も大きく成長できます。だんだん人の役に立てるようになれば、やる気に繋がっていくと思います。初めのうちは、分からないことがたくさんあると思いますが、そのままにしないで質問するようにしてください。理解できていないのに、自分勝手に判断してしまうと、それがトラブルに繋がることも少なくありません。」「新卒として入社した会社は、人生で一箇所しかありません。新卒として再度やり直すことは絶対にできません。だからこそ、新卒として入社したことを誇れるように日々成長していってもらえたら嬉しいです。現場には人生の先輩方がたくさんいらっしゃいます。ぜひいろいろな方とたくさんコミュニケーションをとってみてください。」「家族以外で何でも相談できる人を、職場に関係ある人の中から必ず一人は見つけてください。心から信頼できる人を探してみてください。働いていると楽しいことばかりではなく、悲しいことやつらいことも出てくると思います。そんなとき、素直に気持ちを伝えることが出来る人が一人でもいれば、とても心強いし、救われると思います。」「好きなことを楽しみ、嫌いなことも頑張るという意識をもって頂けたらと思います。皆さんにとって、この会社が温かくて心地のいい居場所になることを心から願っています。」

【東京支社 出嶋さんからの助言】

「この会社で学んだことは、不審者・不審物を建物の中に絶対に入れないことと鍵などの管理をしっかり行うことの重要性です。世界の情勢を考えると、人材が必要な業界です。私は、様々な資格に挑戦して、最終的には支社の方で働きたいと思います。大変な仕事ですが、ユーザーさんや仕事を見てくれている人がいるはずです。体を壊さずに、いつまでも働き続けて頂ければと思います。」

 

【各支社長による教示】

松本部長「メモ帳を必ず携帯するようにしてください。このメモを2か月に1回振り返って、初心に戻ってください。覚えていると思って続けていると、ミスにつながってしまう。」

久保谷部長「わからないことは、自己判断せず、先輩に聞いてください。」

石毛支社長「茨城支社では、”JERA”という東京電力と中部電力が合併して新設された会社の警備を行っています!パソコンの導入で、新入社員が活躍してくれています。」

 

 

 

 

 

 

 

 

畔柳支社長「仕事で困った時の経験は、会社が必ず自分の価値(給料など)に変えてくれます。」「未経験者しか出せない正解が出せます。入社後2~3年の未経験の感覚を大切にして下さい。後で、提案してくれるのを楽しみにしています。」

前濱支社長「皆さんに教えていることは、私が教えられてきたことです。先輩から知識をもらってください。」「期間を決めて、目標を持って仕事をして下さい。」「コミュニケーションをとることといろいろな経験ををすることが重要です。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP